スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Premiere Pro CC初心者】Photoshopのデータはレイヤーごとに読み込むことができる|Beggie

はじめに(psdファイルをレイヤーごとに読み込む)

Premiere Proを使っていると、同じAdobeの製品であるPhotoshopやAfter Effectsを使い、それを読み込むこともあると思います。今回は、PhotoshopのpsdファイルをレイヤーごとにPremiere Proに読み込む方法を説明します。

Photoshop素材の確認

まずは、素材となるpsdファイルを作成しました。右下のレイヤーを見ると、楕円形と長方形でレイヤーが別れているのが分かります。これをバラバラな素材としてPremiere Proに読み込んでいきます。

Photoshopのデータをレイヤーごとに読み込む方法

用意したpsdファイルをPremie Proにドラッグ&ドロップで読み込むと、次の画面が出てきます。

「読み込み」のプルダウンから「個別のレイヤー」を選択し、「OK」をするとpsdファイルのレイヤーごとの素材として読み込めているのが確認できます。

さいごに

動画編集の勉強をはじめる時は教科書となる本を1冊買って、練習や辞書として使えば効率はいいです。ということでAdobe初心者向けの本を紹介します。

知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応

新品価格
¥2,894から
(2019/8/11 20:39時点)

 

Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書[CC/CS6対応版][改訂2版]

新品価格
¥3,866から
(2019/8/11 20:41時点)

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。