スポンサーリンク
スポンサーリンク

【GoogleAnalytics】設置でPVの詳しい情報を|Beggie

WordPress

Google Analyticsの設置方法をまとめたいと思います。

①Googleアカウントでログイン

GoogleアカウントでGoogle Analyticsにログインします。

これでとりあえず、GoogleAnalyticsのアカウントを作ることができたので、次に自分のブログとGoogleAnalyticsのアカウントを接続します。

②トラッキングIDを取得

GoogleAnalytics側の設定です。

管理者ホームに行き、(GoogleAnalyticsホーム画面右下)

「アカウント」から「新しいアカウント」を作成します。

「アカウント名」(←自由に)

「ウェブサイトの名前」

「ウェブサイトのURL」

「業種」

「レポートのタイムゾーン」

を設定し、

「トラッキングIDを取得」>「同意する」で、トラッキングIDを取得します。

次に管理者ホームから、

「トラッキング情報」>「トラッキングコード」から

トラッキングコードのコピーをします。

グローバルサイトタグと書いてあるやつですね。四角い枠の中身をコピペします。

③GoogleAnalyticsの設置

今度はブログ側、WordPressの設定です。

ダッシュボードから、「外観」>「テーマの編集」

右中央にある「テーマヘッダー」を選択。そしたら左上にあるテーマ名(今回の場合は「Twenty Seventeen」の右が、「テーマヘッダー」になっていることを確認します。これでテーマヘッダーの編集をするのですが、プログラミングのコードを触るので、どこで間違えたかあとで修正できるように、編集前のコードはどこかにコピーしておきましょう。

次にコードの中の</heder>を探します。

</header>の前にアナリティクストラッキングコードをコピペして「ファイルを更新」を押します。

ここで正しくできていれば上に「ファイルの編集に成功しました」と出てきます。

④自分のアクセス数の外し方

自分のアクセス数がカウントされていると知りたいPVの正確な情報を知ることができませんよね。そこで次に自分のアクセス数の外し方を説明します。

もう一回Google Analyticsに移動して管理者ホームに戻ります。

「ビュー」>「フィルタ」>「フィルタを追加」

で空欄4つを埋めます。

・フィルタ名→(適当に)

・フィルタの種類を選択→除外

・参照元かリンク先を選択します→IPアドレスからのトラフィック

・式を選択します→等しい

・IPアドレス↓

『確認くん』で検索し、「あなたの情報(確認くん)-UGTOP」というサイトを開きます。すると上から3行目にあなたのIPアドレスが書いています。

これを「保存」します。自分のアクセスをフィルタによって外すことができました。

以上でGoogle Analyticsの設定は完了しました。これでいろいろな情報をゲットできますね!!

コメント

  1. […] 「GoogleAnalyticsのインストール方法」 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。