スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ゲーム実況初心者2019】Macで『Nintendo Switch』の映像を録画する|Beggie

Adobe

はじめに(任天堂スイッチでのゲーム実況に必要な機器)

ゲーム実況をしたい!と思った方が実際にどんな機材を揃えればゲーム実況動画を作れるのかについて、解説したいと思います。まず、必要なものを大雑把にリストアップすると、

・PC(今回はMacの場合)
・キャプチャーボード
・マイク
・動画編集ソフト
・Nintendo Switch

が必要です。色々と必要で面倒になってしまいますが、一つずつ解説をしていきたいと思います。

PC(今回はMac)

動画編集をするならMac Book Pro以上のスペックは必要です。私はノートパソコン型のMac Book Pro を使っていますが、場合によっては iMacなどのデスクトップも検討が必要でしょう。

Apple MacBook Pro (13インチ Touch Bar, 第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5 プロセッサ, 256GB) – シルバー

新品価格
¥214,693から
(2019/2/14 22:55時点)

当然ながらスペックが高いければストレスが無くなりますが、その分値段も高い。。。

Apple MacBook Pro (15インチ, Touch Bar, 第8世代の2.6GHz 6コアIntel?Core?i7プロセッサ, 512GB) – シルバー

新品価格
¥327,013から
(2019/2/14 22:56時点)

一番値段のする機材でもあるので、準備がない場合こちらは財布とも相談ですね。

キャプチャーボード(AVT-C878 PLUS

はい、というわけで本題のキャプチャーボードについてです。実際に私が使っているキャプチャーボードはAVerMediaから出ている「AVT-C878 PLUS」というキャプチャーボードです。色々と調べましたが、こちらを買えば無難だと思います。

   

4Kパススルー、1080p/60fpsに対応していますので、これからゲーム実況をはじめたいという方にとって、長く使えるキャプチャーボードとなるでしょう。

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス] DV478

新品価格
¥21,384から
(2019/2/15 00:25時点)

以下、「AVT-C878 PLUS」のスペック説明です。

  • 4Kパススルー機能に対応
  • 1080p/60fpsの高画質録画に対応
  • HDMI入出力、ヘッドセット接続端子を装備
  • USBバスパワーに対応し、モバイルバッテリーでの給電が可能
  • microSDカードへの外部保存に対応(単体録画モード時)
  • 家庭用ゲーム機やiOSデバイスなど様々なデバイスに対応
  • Windows 10、Mac OS X 10.11以上対応

用語説明も兼ねて、詳しく説明していきます。4Kパススルーについてですが、これは4K画質も録画できるということです。気をつけて欲しいですが、PS4 Proなど、4Kに対応したゲーム機を持っていて、テレビも4Kテレビで実況をしたいという人に嬉しい話です。今回の目的である、スイッチを録画したいという人は1080p/60fpsの画質になります。(十分高画質ですが。)

対応デバイスですが、PlayStation 4/4 Pro、Xbox One、Xbox 360、Nintendo Switch、Wii U,iOSデバイスなど、今売られているゲーム機にはだいたい対応しています。

旧型「AVT-C878」

ちなみに一つ前の旧型「AVT-C878」もありますが、現在は生産終了しています。

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス DV422

新品価格
¥17,980から
(2019/2/16 18:56時点)

  • 接続インターフェイス:USB 2.0(UVC・UAC対応、プラグ&プレイの簡単接続)
  • 入力端子:・HDMI ・ヘッドセット用端子(4極) ・パーティーチャット用端子(4極)
  • 出力端子(パススルー):・HDMI ・ヘッドセット用端子(4極)
  • 最大入力解像度:1920×1080(60fps), 最大録画解像度:1920×1080(60fps)
  • 搭載モード:・PCモード ・単体録画モード ・カードリーダーモード エンコード方式:ハードウェアエンコード
  • 対応microSDメモリーカード:microSDHC / microSDXCメモリーカード、対応最大容量:128GB
  • 対応ソフト:・RECentral ・サードパーティ製ソフト(OBS、XSplitなど)
  • 対応機器:・ゲーム機:PlayStation 4、PlayStation 4 Pro、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox One S、Xbox 360、Wii U、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(MINI SFC)、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ (MINI FC)
  • 対応機器:・iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)
AVT-C878 PLUS」との違いとしては、動画編集ソフトがついていない、4Kパススルー機能がない。そしてその分少し値段が安いという感じです(笑)2018年4月に「AVT-C878 PLUS」が発売されてからは旧型になってしまいましたが、十分使えることには使えると思います。

Macユーザーは注意「GC550

ちなみに私は最初こちら「GC550」というキャプチャーボードを他のサイトでおすすめされていたので買っ他のですが、箱を開けてからMacでは使えないという事実に気付くという悲しい結果もありますので、Macでゲーム実況をやりたいと思っている人はくれぐれも気をつけていただきたいです。

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550 USB3.0対応HDMIキャプチャーデバイス 1080p/60fps DV399 GC550

新品価格
¥22,680から
(2019/2/14 23:14時点)

ただ、Windowsユーザーにとっては優秀なキャプチャーボードです。

マイク

〜準備中〜

というか、私の場合はMac内臓マイクでやってます。まだ音に関してそこまでこだわりがないので、十分ですが、今後やっぱり必要だと思ったら追記します(笑)

▼ちなみに内臓マイクでのゲーム実況サンプルはこちら▼

【スマブラSP】『こどもリンク』修行の旅〜1日目いただいたコメントを参考に練習します〜|Beggie

個人的にはまだまだ初心者なので、マイクは必要ないなって感じです。(笑)

動画編集ソフト(Adobe)

私は数年前から動画編集をしているのですが、Adobe製品を使っています。もちろん初心者の方は無料ソフトや「AVT-C878 PLUS」にも付属の編集ソフトがついているので、それを使ってもいいと思いますが、使いやすさや汎用性、ネットでの解説の多さという観点から考えても、AdobeのPremiere Proという動画編集ソフトを最初から勉強しはじめて問題ないと思います。というか私個人の意見としては、Adobe一択だと思っています。

IllustratorやPhotoshopもコンプリートプランには入っているので、便利です。
(ちなみに学生・教職員の方であればだいぶ安く購入できます。)

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド) コンプリート|学生・教職員個人版|12か月版|オンラインコード版

新品価格
¥23,760から
(2019/2/15 00:34時点)

一般の値段で購入しようとすると少しお高めです。

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|パッケージコード版

新品価格
¥64,541から
(2019/2/15 00:35時点)

任天堂スイッチ

忘れてました。(笑)一応スイッチ本体の紹介も。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド】

新品価格
¥31,800から
(2019/2/15 00:46時点)

私自身買ったばっかりですが、最近だとスマブラやスプラトゥーン、FIFA19をやっています。Arena of Valor や Fortniteなどの無料ソフトも魅力的ですよね!

最後に

今回は色々調べた結果の、私が実際に使っているゲーム実況機材についてざっと書きましたが、今後使い方などもっと詳しく追記していきたいと思います。質問などあればコメントもよろしくお願いします。ゲーム実況への道を一緒に踏み出しましょう!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。